アメリカンソーセージ・ジョンソンヴィルの魅力

カテゴリー: グルメ・料理

スーパーで買える本格派アメリカンソーセージ

2016年2月20日、近所のスーパーで面白い食品をみつけました。

ジョンソンヴィルのパッケージ

最近、日本でもテレビCMが放映されている、アメリカ・Johnsonville(ジョンソンヴィル)社のソーセージ「スモークド・ブラッツ」です。値引きシールが貼られていたため、迷わずに購入しました。値引き後の価格は税込み600円で、WAONの5%割引が適用されて30円引き、さらに20円分のポイントをもらえたため、実質550円です。10月30日にも購入しましたが、値引き後の価格は475円と非常にお得でした。

ソーセージ(ウインナー)は日本の食品会社からも数多く販売されていますが、ジョンソンヴィルの最大の特徴は、本場から直輸入されたアメリカンソーセージであるということです。

ジョンソンヴィルの歴史を簡単におさらい

ジョンソンヴィル社はその名の通り、五大湖に面した北東部のウィスコンシン州ジョンソンヴィル(Johnsonville, Wisconsin)で、1945年にステイヤー夫妻によって創業された精肉会社です。元は家族経営の小さな店でしたが、2016年現在は、1,300人の従業員を擁するまでに成長しています。

日本に進出したのは2002年で、2010年にプリマハムと提携しました。同社のソーセージは、会員制ディスカウントストア・コストコ(Costco, コスコ)などで購入することができます。

プリマハム、米ソーセージ大手と国内販売で提携  :日本経済新聞

ワイルドな男の食べ物が、日本では賢い主婦の定番メニューに?

ジョンソンヴィルのソーセージにはボリュームがあり、食べごたえはまさにアメリカンです。こちらの写真をご覧下さい。

ジョンソンヴィルと日本のソーセージのサイズ比較

ジョンソンヴィルとの比較に使ったのは日本ハムのあらびきウィンナーですが、太さ(直径)1.7cmの日本の商品に対してジョンソンヴィルのソーセージは2.5cm、長さは6cmに対して14cmです。まさにアメリカンですね!

日本進出後の面白いエピソードとして、「ジョンソンヴィルのソーセージは、本国アメリカでは『主に男性がバーベキューで食べるもの』なのに、日本では『主婦のプチ贅沢』として定着した」ということがあります。

「プライベートブランド」だけが、小売りの正解ではない -ジョンソンヴィル・ソーセージ副社長 マイケル・ステイヤー氏 判断意見:PRESIDENT Online - プレジデント

上記のジョンソンヴィル副社長のインタビュー記事によると、「6本で720円という価格が『プチ贅沢』を演出し、ソーセージは調理が簡単なため、日本の主婦に受け入れられた」ということです。アメリカンというだけで、ちょっと高級な感じがするからでしょうか? たしかに6本で約700円という価格は、外食するよりは安いが高級食材としても捉えられるという、絶妙なプライシングですね。

念のために言っておきますが、ジョンソンヴィルのソーセージは6本入りで396gの商品が約700円です。日本メーカーのソーセージも250gで税込み400円前後ですから、396gに直せばほぼ同じ値段になります。アメリカンな大きさなので本数は少ないですが、グラムに直せば高すぎるということはありません。

家庭でジョンソンヴィルを味わおう

では、早速ジョンソンヴィルのソーセージを調理してみましょう。以前はこのページに「フライパンで焼いただけのソーセージ」を掲載していましたが、おいしさをお伝えできないため写真を撮り直しました。ソーセージのジューシーさをさらに引き立ててくれるチーズフォンデュです!(アメリカンではないけれど気にしない!)

チーズフォンデュに入れたジョンソンヴィルのソーセージ

ジョンソンヴィルのアメリカンソーセージは本当に太くておいしくて、噛むたびに肉汁があふれ出すほどのジューシーさです。お子様がいらっしゃるご家庭であれば、みんなが笑顔になれるのではないでしょうか? まさに、週に1度くらいのプチ贅沢として、日本の食卓の定番にしたいメニューですね。

通販ではかなり高い?

たまにスーパーで安売りされていますが、ジョンソンヴィルのソーセージは通販ではかなり高めです。できれば価格もアメリカンなバーゲンプライスにしてほしいのですが。

たとえば、このページで取り上げた396gの商品「スモークド・ブラッツ」がAmazonでは980円(プラス送料550円)もしますし、そのAmazonのレビュー欄にも「Amazonでは高いので、スーパーで買っています」などと書かれてしまう始末です。ちょっと残念ですね。

ただ、ジューシーな味は保証できますから、値段以外にはまったく非がない一品です。コストコやスーパーマーケットではもっと安く購入できますから、精肉の棚に並んでいるのを見かけた際は、ぜひ一度お求めください。

タグ: アメリカン ジョンソンヴィル ソーセージ