ガジェット

Android派がiPhoneとスピード離婚した話

アンチAppleがiPhoneを使い始めた理由

いろいろな理由があって、私は今までAndroid派でした。初めてAndroidスマートフォンを購入したのは2011年12月で、機種はLGのOptimus Chat L-04C、OSはAndroid 2.2です。

ところが……。

iPhone 5Cに表示したふみびとのTwitter

買ってしまいました、iPhone。

2016年8月末にそれまで使っていたAndroidスマートフォンが故障してしまい、安い中古スマートフォンがないかと探したところ、ヤフオクで安いiPhone 5Cを見付けたことが直接のきっかけです。

iPhoneに限らず、Apple製品は今まで「食わず嫌い」だったのですが、Androidと比較して驚いた点がたくさんありました! もちろんデメリットもありますが、メリットのほうが上回っています。

  1. 意外と安い
  2. APNを設定できない
  3. 操作が難しい
  4. インテントを「使える」
  5. ホーム画面が便利
  6. スペックが低いのに動作が軽快
  7. 4 年前の機種で最新OSを使える

iPhoneを買って驚いた7つの点

1. 意外と安い

私がdocomo版のiPhone 5C 32GBを買ったのは2016年8月末ですが、ヤフオクで税込・送料込で約15,000円でした。au・SoftBank版ならばさらに安く、16GBモデルを10,000円未満で落札できます。

もちろんiPhone 6以降のモデルは倍以上するのですが、「iPhoneはAndroidより比較的高く、中古でも3万円くらいする」という印象があったので、安さに驚きましたね。

2. APNを設定できない

MVNOが提供するいわゆる「格安SIM」を利用するには、スマートフォンでAPNという接続先の設定を行う必要がありますね。

Androidならば手動でAPNを設定できますが、iPhoneでは不可能です。ならばどうするかというと、Wi-FiでMVNOの公式サイトにアクセスして、「プロファイル」をダウンロードする必要があります。

設定を行う必要がないので比較的簡単とも言えますが、「設定は自分で行うのが当然。むしろ他人に任せるほうが難しい」と考える(私のような)人にとっては、かえってAndroidのほうが簡単ではないでしょうか?

3. 操作が難しい

APNを設定できない事とも関係しますが、iPhoneは意外と操作が難しいです。

日本のインターネットサイトでは「iPhoneは情弱(情報弱者)専用」「スマホ版らくらくホン」などと揶揄する意見もありますが、WindowsとLinuxを使い慣れた者にとっては、Androidのほうが簡単です

iPhoneはディレクトリ構成がわかりにくいですし、WindowsのレジストリやLinuxの設定ファイルに該当するものが見当たりません。Androidもroot化しない限りはそこまで自由度が高くありませんが、Windows・Linuxに似た設定が可能です(そもそもAndroidはLinuxがベースですし)。

4. インテントを「使える」

以前は「Androidはインテントを使えるが、iPhoneは使えない」という事が比較され、iPhoneの欠点として挙げられることがよくありました。

念の為に説明すると、インテントとはあるアプリから別のアプリを呼び出すことができる機能のことです。たとえば、ウェブページを見ている時にURLとタイトルをTwitterで共有する……といった具合ですね。

ところが、2015年にリリースされたiOS 8のおかげで、iPhoneでもインテントに似た機能を使うことができるようになりました。正確には、iOSではインテント(intent)ではなくApp Extensionと言います。

2016年9月発売のiPhone 7は、とうとう防水とおサイフケータイに対応しましたし、AndroidとiPhoneの差は年々縮まっていますね。

5. ホーム画面が便利

インテントと同じくよくAndroidと比較されるiPhoneの欠点は、「ホーム画面をカスタマイズできない」ことです。Androidならばランチャーを変更して自由自在にホーム画面をカスタマイズできますね。

ただし、私の場合は画面をカスタマイズできなくてもあまり問題になりませんでした。Androidでもウィジェットを使いませんでしたし、シンプルなSmart Launcherに変更していたため、iPhoneのシンプルなホーム画面がちょうど良いのです。

iPhoneはアプリのアイコンを重ねることで「フォルダ化」することができますね。たとえランチャーを変更できなくても、よく使うアプリを同じフォルダにまとめておけば便利に使えます。

6. スペックが低いのに動作が軽快

CPUやメモリ(RAM)などのスペックを見る限りでは、iPhoneは多くのAndroidスマートフォンに劣ります。

ですが、実際に使ったりベンチマークテストを比較したりする限りでは、AndroidよりiPhoneのほうが良い結果を出すのですね。バッテリー持ちも比較的良いです。

「iOSはメモリ管理の効率がAndroidよりも良いからだ」という真偽不明の情報もありますが、はっきりとした理由はわかりません。ただ、Appleがハードウェアとソフトウェアを一体開発するiPhone・iOSのほうが、ハードウェアの性能を最大限に発揮できそうな印象はあります。

7. 4年前の機種で最新OSを使える

私はこれこそAndroidとiPhone・iOSを比較した時の最大のメリットだと思いますが、なぜAppleは大々的に宣伝しないのでしょうか?

Androidスマートフォンの場合は、たとえGoogle公式のNexusシリーズであっても、最新OSへのアップデートを行えるのは発売から2年程度です(2015年発売のNexus 5Xは2017年に最後のアップデートが行われます)。

ところが、2016年9月リリースのiOS 10は、なんと2012年9月発売のiPhone 5にもインストールすることができます。最長で発売から4年間は最新OSを使えるのです。

最新OSの全てが良いというわけではありませんが、ごく一部のユーザーしか最新OSを利用できないAndroidスマートフォンとは雲泥の差ですね。

「そう、iPhoneならね」と言う気になれずスピード離婚

ここまでiPhoneの特徴的な点を挙げてAndroidと比較してきましたが、総合的に見れば私はiPhoneを気に入りました。……と、言いたいところなんですが……。

Galaxy S5

結局AndroidスマートフォンのGalaxy S5を買い直しました。iPhone 5Cは値下がりする前にと売ってしまいました。約3週間のスピード離婚です。

理由はうまく説明できないのですが、「Androidが恋しくなった」「セルフイメージにiPhoneが合わない」という漠然とした印象があったためです。

もちろん、Androidで購入した有料アプリを使えなくなって困ったということもあるのですが、それは大した問題ではなかったと思います。

なんなんでしょうか……iTunesとApple IDとiCloudで全てを管理するようなiPhoneの中央集権的体制に嫌気が刺したのでしょうか? でもAndroidだってGoogleの中央集権ですよね。

結婚と同じく、些細な事の積み重ねだったように思います。先ほど「私はシンプルなホーム画面が好きなので、iPhoneでも良い」と書きましたが、デフォルトのホーム画面を自分でシンプルなものに変更するから楽しいんです。本当にごく些細な事ですが。

カナダの学者、マーシャル・マクルーハンは「メディアは人間の感覚の拡張である」という趣旨の事を述べています(ここで言う「メディア」とは「マスコミ」という意味ではなく、テレビやラジオのほか、住宅や自動車などあらゆる道具を含みます)。

まさにスマートフォンは人間の感覚を拡張するメディアであり、単なる道具に留まらず、ユーザーの心身の一部になってしまうのですね。Androidは私の一部になっていましたから、iPhoneは受け入れがたいものでした。

もっとわかりやすくたとえると、「自分はボルボの乗り心地が好きなのに、『高級だし、よく売れている』という理由でメルセデス・ベンツに乗り換えたら、走りに違和感を覚えて後悔した」とでも言えるでしょうか?

あとは、「そう、iPhoneならね」というCMのキャッチフレーズ(と言われているものの、実際にCMで使われたことはないネット上の俗語)に代表されるようなAppleのイメージが嫌だった、とでも言えるでしょうか。そういう「セレブっぽい人の集団」(要するに「意識高い系」)に馴染めないという事が大きかったような気がします。

私がiPhone 5Cを使っていた頃にちょうどiPhone 7が発売されましたが、防水機能とおサイフケータイというAndroidには数年前から搭載されていた機能を取り入れたくらいでマスコミが大々的に取り上げ、ファンが熱狂的に歓迎する……という、スポーツの応援団か芸能人のファンクラブのような仲間意識も近寄りがたかったです(Androidはただの「便利な道具」ですから、そこまで思い入れがある人は少ないでしょう)。

Apple製品ってとにかくおしゃれで、ユーザーにも連帯感がありますよね? ビバリーヒルズの白い豪邸で、朝からスムージーを飲んで、食後にフィットネスして、大画面テレビに写しだしたFaceTImeで同僚と談笑して……などというわけのわからないイメージがあります。京都の料亭でもいいです。

その一方でAndroidはどうかと言うと、テキサスの農場や東南アジアの下町でもっと気楽に使われているような、iPhoneよりずっと泥臭い印象があります(そういえば、日本のネットではAndroidを「泥」と略すことがありますね)。

私にはそんな泥臭さ、無法地帯っぽさのほうが向いていると思っています。いいんです、「貧困層向け」とか「iPhoneのパクリ」とか言われても!

もちろん、iPhoneとAndroidには一長一短があり、どちらが向いているかが人によって違うので、一概には決められません。ただ、私は自分自身に貼った「Android派」というレッテルを剥がすことができないようです。

2017年6月、2度目のスピード離婚

実はこの記事はネタ切れに困って適当に書いたのですが、意外とアクセス数が多いので、はっきり言って驚いています……。

「Android派」という言葉で検索する人が意外と多いようですが、自分のアイデンティティというか、「どこに所属するか」ということが皆さん気になるんでしょうか?

それはともかく、私がこの箇所を書き足しているのは2017年8月30日の午後11時過ぎです。iPhoneとスピード離婚して「Android派」に戻った私は、その後どうなったのでしょうか?

実を言うと、2017年2月に再び「iPhone派」になり、6月に2度目のスピード離婚を経験しました

いかにもガジェットオタクらしいと自己弁護したいところですが……。「AndroidとiPhoneを比較したら、両方の良いところが目についてしまう! でも片方しか持ちたくない!」という意識があるんです。

今度はどのiPhoneとスピード離婚したの?

私が2月に買って6月に売ったのは、こちらのiPhone 6sです。

箱の上に置いたiPhone 6s

先ほども書きましたが(実際に書いたのは11ヶ月前ですが……)、iPhoneはAndroidと比較するとRAM(メモリ)が少ないにもかかわらず、軽快に動作しますね。iPhone 6sのRAMはGALAXY S5 SCL23と同じく2GBですが(iPhoneのRAM容量は非公開のため、推測値)、iPhone 6sのほうがずっとスムーズでした。

AnTuTuベンチマークテスト(性能を測るアプリ)のスコアを比較しても、GALAXY S5 SCL23は約6万点、iPhone 6sは約12万点とほぼ倍です。

性能が良くてデザインも美しくて、これで2020年にiOSがアップデートされなくなるまではiPhone 6sと過ごせると思っていたのです……が! また「自分はAndroid派だ!」というよくわからない感情が湧き上がってきました。

その一方で、「いや、やっぱりiPhoneは高性能だしアップデートが4年も提供されるし……。芸能人でもないのに1年に3度もスピード離婚するのはCRAZYじゃないか!?」と自問自答しましたよ(iPhone 2台に加えてGALAXY S5 SCL23との『離婚』も含むので3度)。

まとめると、こんな感じです。

  • iPhoneはスペックが低い割に高性能で、リソースをうまく活用できている。アップデートも4年実施されるので素晴らしい!
  • でも、「アクティベーションロック」とか「AppleのサーバーによるSIMロック」とか、ユーザーがディレクトリ構造すら把握できないとか……。自由の国・アメリカの製品なのに不自由で中央集権的じゃないか!
  • それにAppleユーザーなんて広告のブランドイメージに釣られる「意識高い系」ばかりなんだから、自分の頭で考えて能動的に情報を収集・分析できる私にはAndroidのほうが合っているんだ!
  • しかし、広告はともかくiPhoneが優れた製品であることは間違いないし……。ああどうしよう

こんなふうに何ヶ月も成田離婚状態で迷っていましたが、「毎日のように中古Androidスマートフォンの情報ばかり調べている」ことと、「ホームボタンのTouch ID(指紋認証)でエラーが多発した」ことが原因で愛想が尽きて、iPhone 6sさんとも無事にお別れしました。

無傷の状態で、auショップでSIMロック解除してからラクマで売りましたから、多少は中古市場の活性化に貢献できたでしょう。

まあ、5ヶ月持っただけ前回よりはマシ…‥ですよね?

本命か? 中国製の格安Androidスマホ

で、iPhoneとの2度のスピード離婚を経験したAndroid派がどこに辿り着いたかと言うと、中国企業Huaweiの格安スマホ・P10 liteです。

Huawei P10 lite

安いですが、本当に良い商品です。楽天市場のレビューもなかなか高評価ですよ。

【プラチナゴールド9月中旬以降出荷予定】SIMフリースマホ HUAWEI P10 lite + 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】※お一人様1台限り

先ほど(11ヶ月前に)「私はボルボが好きなのに、イメージに騙されてメルセデス・ベンツを買ってしまった……」という趣旨のことを書きました。

じゃあHuawei P10 liteは何なんだ? と言うと、ホンダのフィットです

はっきり言って大した個性はない、性能も特別良いわけじゃない、デザインは高級メーカー(iPhone)に似ている……と、実に「つまらない製品」なんですが、「日用品としては最高」なんですね。

Huawei P10 liteの指紋認証の速度は約0.2秒と非常に早いですし、精度もiPhone 6sよりは良いです。性能が3Dゲームには足りないくらいで、ウェブページ閲覧や動画再生ならまったく問題ありません。

もちろんHuawei P10 liteも「カクカク」になることがありますが、iPhone 6sもTogetterを開くだけでフリーズしたので、どちらが優れているか一概に比較することはできません。

心情としては、「BMWと軽自動車のムーヴを買ったら、軽自動車にばかり乗るようになり、BMWはガレージの展示品になった」ようなものでしょうか? ちょっと違うか。

それから、やっぱりAndroidはiPhone(iOS)と比較してディレクトリの構造がわかりやすいですし、電波強度もアプリで測定できるのがとても嬉しいです!(「電波なんて測ってどうするんだ」とお思いでしょうが、私の謎のこだわりです。)

先ほどもちょっと触れましたが、アメリカの製品が不自由で中国製スマートフォンのほうが自由って、笑えない冗談ですね。

「Android派」がiPhoneと再再婚する可能性はあるか?

こうして無事にAndroid派に戻った私ですが、再びiPhoneが気になり始めています。

と言っても、iPhone 8でも7sでも、中古のiPhone 7でもありません。「中古のiPhone 6s Plus」です。

なぜかと言えば、当サイトでは最近MVNO(格安SIM)の「UQ mobile」を猛プッシュしています。「ガチャピン・ムックと三姉妹が出ている、ピンクレディーのUFOがかかる変なCM」のアレですね。

格安スマホならUQ mobile

このサービスを宣伝することが私のメリットになるのも事実ですが、「UQ mobileは安いのに優れたサービスだ」と本当に思っています。ただ、現在私はUQ mobileではなくmineo(マイネオ)を使っています。

宣伝だけしておいてサービスを使わないのも無責任ですから、mineoの違約金無しでMNP(番号持ち運び制で他の会社と契約)できる2017年12月頃になったら、UQ mobileに乗り換える予定です。

で、UQ mobileとiPhoneにどのような関係があるのかですが、UQ mobileはMVNOなのにiPhoneに表示されるキャリア名が「UQ mobile」になるからなんです!

キャリア名表示というのは、iPhone画面左上の「docomo」「au」「SoftBank」と表示されている部分ですね。そこが「UQ mobile」になるということです。でも全てのiPhoneが対象ではなく、「iPhone 5s, 6, 6 Plus, 6s, 6s Plus, SE」だけです。この中ならそこそこ中古価格が安くて画面も大きい6s Plusが良いかなという程度の理由ですね。

「だからそれがどうしたんだ!?」という声も聞こえてきそうですが……。本当に「キャリア表示がUQ mobileになるならiPhoneを使いたいと考えている」だけです。

でも、やっぱり指紋認証センサーやアプリはHuawei P10 liteのほうが使いやすいですし、この機種は「SIMフリー」なのでこのままUQ mobileに乗り換えることもできるんですよね。キャリア名表示の「KDDI」さえ気にしなければ……。

と、まあこのように、普通の人が理解できないようなことで延々と悩む……。そんな「ガジェットオタク」なAndroid派のお話しでした。

タグ: iPhone Android Apple Galaxy