MVNOが格安SIMとセット販売するiPhone SEはお得?

カテゴリー: 格安SIM・MVNO

MVNOによる格安SIM・スマートフォンのセット販売が増加

2017年1月19日、MVNO(格安SIM事業者)のBIGLOBE(ビッグローブ)が、iPhone SEの販売を開始しました。

「UQモバイル、だぞっ」というフレーズと三姉妹&ガチャピン・ムックのCMが有名なMVNO・UQ mobileも、iPhone 5sを2016年7月15日から、iPhone SEを2017年3月25日から、それぞれ格安SIMとのセットで販売しています。

2015年頃からはMVNO(格安SIM業者)が格安スマホをセット販売するケースが増えていますが、中国企業・Huawei(ファーウェイ)などが製造するAndroidスマートフォンが主流でしたね。

ですが、やはり日本ではiPhoneが人気なんでしょうか? iPhone 5sやiPhone SEなどを格安SIMとセット販売する事業者も増加しています。

MVNOの格安SIM・iPhone SEセットは安くない

水を差すことを言って申し訳ありませんが、MVNOが格安SIMとセットで販売しているiPhone SEは大して安くありません。

まず、通信料金は除いて、BIGLOBEではiPhone SEをいくらで販売していたか見てみましょう(2017年8月11日現在、BIGLOBEによるiPhone SEの販売は終了しています)。

iPhone SE 16GB | BIGLOBEスマホ・タブレット

アシストパックL(分割払い)を利用すると、格安SIMとセットのiPhone SE 16GBは税別2,080円(税込2,246円)の24回払いで購入できます(できました)。税込総額は53904円です

ただ、2017年1月19日から1月31日まではBIGLOBEの格安SIMでキャンペーンが実施されていましたから、iPhone SEは税抜1,880円(税込2,030円)の24回払い、税込総額48,720円で購入できたようですね。

では、格安SIMとのセットではなく、「16GBのiPhone SEだけ」を購入するといくらかかるのでしょうか? 次の画像をご覧下さい。

ヤフオクで2017年1月20日頃にiPhone SE 16GB docomoを検索した画面

2017年1月、ヤフオクでは新品のiPhone SEが送料込み・税込み37,000円前後で販売されていました。しかも「制限○」と書かれていることからわかるように、ユーザーが格安SIMを取り付けるだけで何の問題もなく通信・通話できるようになります

2017年8月時点では、新品のiPhone SE・16GB docomo版は約35,000円、「新品同様」の中古なら約30,000円で落札されていますね。

というわけで、MVNOが販売するiPhone SEと格安SIMのセットはお得ではありません! ヤフオクかラクマかメルカリで買って、自分で格安SIMを取り付けたほうが遥かに安上がりです。

中古iPhoneは初心者には向かない

……と、ここでいきなり前言撤回して申し訳ありませんが、「中古のiPhone SEを買って格安SIMをセットする」のは簡単ではありませんよね?

いくら安くても、「どのキャリアが販売したiPhone SEか調べて、IMEIを検索して、SIMを本体にセットして、APNを設定する」という作業は、はっきり言って初心者の方には難しいと思います。

それに、やっぱり中古のiPhone SEだと傷が気になりますよね……。

ですから、「格安SIM・格安スマホに興味があるけれど、設定が難しそうで買う気になれない」という方は、MVNOが格安SIMとセット販売するiPhone SEをお求めになることをおすすめします。

では、iPhone SEと格安SIMのセットはどの事業者(MVNO)で買えば良いのか? ですが、結論を先に述べるとUQ mobileです

なぜUQ mobileのiPhone SE・格安SIMがおすすめなのか?

詳しい理由はこの後で説明しますが、MVNO(格安SIM)の契約を躊躇してしまう方には、「設定が難しいのではないか」「docomoなど大手の会社と違って、iPhoneが壊れてもサポートを受けられないのではないか」という不安があると思います。

ですが、UQ mobileはただの格安SIMではありません。専売店「UQスポット」と家電量販店を合わせて全国2,712店舗で販売されていますから(2017年8月10日現在)、初心者の方でもiPhone SEに関するサポートを受けやすいですね。

もちろん、UQ mobileでiPhone SEを購入すれば、「格安SIM」を使う際にAPNなどの設定を行う必要はありません!

複雑な格安SIM、UQ mobileとiPhone SEのセットならカンタン!

UQ mobileのiPhone SEをおすすめする3つの理由

いくら「設定が簡単でサポートを受けられる」と言っても、iPhone SEとセットにすると料金が高い「『格安』SIM」なんて本末転倒ですし、「安かろう悪かろう」でも困りますよね?

そこで、1.サポート、2.料金プラン、3.通信速度……の3点から、なぜUQ mobileの格安SIMとiPhone SEのセットが最も優れているのかを説明していきます。

サポート

先ほども言いましたが、「格安SIM」を検討している方は「故障した時やiPhone SEの操作方法がわからない時、お店でサポートを受けられるのだろうか?」と不安になるのではないでしょうか。

まず、UQ mobileの格安SIMとセットでiPhone SEを購入すると、大手携帯電話会社と同様に「AppleCare」などのオプションサービスに加入できます! これは、iPhone SEなどが故障したときに格安で修理できるというサービスです。

iPhone SEと格安SIMのセット購入時に「UQあんしんパック」を契約すれば、アプリの設定など専門的な電話サポートを受けることも可能です。

具体的な月額料金と内容は次のようになっています。

UQ mobile オプションサービス
名称AppleCare+ for iPhoneUQあんしんパック家族みまもりパック
月額(税込)576円540円
内容(抜粋)2年間の修理保証・テクニカルサポート
画面修理3,672円(税込)、その他の修理12,744円(税込)
iPhone SEの設定も含む詳細な電話サポート
データ自動バックアップ
SNS上の個人情報保護
お子様やお年寄りの居場所を確認
お子様のネット上での活動を収集・分析

次に店舗での対応ですね。UQ mobileの格安SIMなら、専売店の「UQスポット」と全国の家電量販店、合計2,712店舗で取り扱われているため(2017年8月10日現在)、iPhone SEをセットで契約すると大手携帯電話会社と同等のサポートを受けられます。

販売店の一覧は、少々わかりにくいのですが、UQ mobile公式サイトの「お申し込み」の欄にある「販売店舗一覧」で確認できます。

UQ mobile公式サイト 「販売店舗一覧」がある箇所

また、こちらもわかりにくいのですが、「お客様サポート」のページの下のほうにある「UQお客様センター」という箇所を選ぶと、電話による問い合わせが可能です。電話番号はフリーダイヤルで、「携帯電話・PHS可、9:00〜21:00(年中無休)」と記されています(念のため、電話番号はご自分でお確かめください)。

こちらのリンクをクリックすると、UQ mobile公式サイトに移動します。

格安スマホならUQ mobile

UQ mobileの料金プラン

次に、iPhone SEとセット契約できるUQ mobile格安SIMの料金プランを見ていきましょう。「データ通信が中心」か、それとも「通話も頻繁に行う」かで、おすすめプランが異なります。

なお、料金はいずれも2017年8月11日時点のもので、消費税率は8%で計算しています。いずれもデータ専用格安SIMではなく、iPhone SEで「090・080・070番号で音声通話ができる」プランです。

まずは、格安SIMではデータ通信が中心で、「iPhone SEではあまり通話せず、LINEくらいでしか行わない」という方におすすめの「データ高速+音声通話プラン(V)」です。

なお、「V」はVoLTEという通信方式の略です。「26ヶ月間の総額」と記載しているのは、UQ mobileの格安SIMとセットだとiPhone SEの分割払いは契約の翌々月(3ヶ月目)からの24回払いになるからです。以下のプランも同じです。

UQ mobile データ無制限+音声通話プラン(V)
 SIMカードのみiPhone SE 32GBとセット
(24回分割払い)
初期費用3,240円
月額料金1,814円1,814円
分割支払金なし1,944円 (3ヶ月目)
1,836円 (4〜26ヶ月目)
総額 44,172円
高速データ容量3GB
通話料金30秒 10円
最低利用期間12ヶ月
(違約金 10,260円)
26ヶ月間の総額50,404円94,576円

高速データ容量は一般的な格安SIMと同じ月間3GBですし、余っても翌月に繰り越すことができます。

3GBがどれくらいかというと、目安としては「フルハイビジョン(1920 x 1080ピクセル)の動画」を約3時間再生できます。スマートフォン用ウェブページ(ホームページ)は1,500回表示できるでしょう。

料金は一般的な通話機能付き格安SIMの「3GBで税込み約1,600円」より高いですが、UQ mobileは混雑する時間帯でも通信速度が速いので、これでも安いくらいです。

ただし、このプランだとiPhone SEの支払い総額44,172円が一切割引されないことは大きなデメリットですね。「1ヶ月に10分も通話しない」という方以外は、次にご紹介する「おしゃべりプラン」のほうが良いでしょう。

では、通話が多い方におすすめの「おしゃべりプラン」です。いずれもUQ mobileの格安SIMとiPhone SE 32GBがセットになった金額です。

UQ mobile おしゃべりプラン(V) iPhone SE 32GB セット
 おしゃべりプランS(V)おしゃべりプランM(V)おしゃべりプランL(V)
初期費用3,240円
月額料金2,138円
(14ヶ月目以降 3,218円)
3,218円
(14ヶ月目以降 4,298円)
5,378円
(14ヶ月目以降 6,458円)
分割支払金1,944円 (3ヶ月目)
1,836円 (4〜26ヶ月目)
総額 44,172円
マンスリー割
(24ヶ月間)
-756円
合計 -18,144円
-1,296円
合計 -31,104円
高速データ容量2GB
(26ヶ月目以降 1GB)
6GB
(26ヶ月目以降 3GB)
14GB
(26ヶ月目以降 7GB)
通話料金1回5分以内の国内通話が何度でも無料
(5分を超えると 30秒 10円)
 
26ヶ月間の総額
(割引適用後)
95,656円110,776円166,936円
平均月額
(26ヶ月総額÷26)
3,679円4,260円6,420円

こちらの「おしゃべりプラン」は、月額料金は最低でも2,138円と格安SIMのわりには高めですが(14ヶ月目以降はそれぞれ1,080円値上がりします)、「5分以内の通話なら何度でも無料」というアドバンテージがありますね。

しかも、iPhone SEとUQ mobileの「おしゃべりプラン」の格安SIMをセット購入すれば「マンスリー割」という割引を受けられるため、本体代金の分割払いを含めても月々約4,000円で利用できます!

データ通信容量が毎月14GBもある「おしゃべりプランL(V)」でさえ、iPhone SEの分割金を含めても月額料金が7,000円に収まりますから、UQ mobileの安さが際立っていますね。他の格安SIM業者が「UQはズルイ」と言うのもわかります(詳しい事情は控えます)。

ただ、マンスリー割は期間限定キャンペーンの可能性があるため、詳しい適用条件はUQ mobile公式サイトのお申し込みページでご確認ください。「料金シミュレーション」では、iPhone SEと格安SIMセットを選んでもこの割引は適用されていませんでした。

しかし、iPhone SEとセットだからか、「14ヶ月目以降」や「26ヶ月目以降」など条件が複雑ですね……。ほかのMVNO(格安SIM)はもっとシンプルですから、UQ mobile(とY!mobile)は見習ってほしいです。

UQ mobileの通信速度

違っていたら申し訳ありませんが、もしかしてあなたは格安SIM初心者の20代後半〜50代の男性ビジネスマンではありませんか?

昼休みにiPhone SEでニュースや株価をチェックしたり、上司・同僚とスマートフォンで打ち合わせをしたり、動画やゲームを楽しんだりすることも多いでしょう。

ただ、格安SIMは平日正午頃の通信速度が極端に遅いんですよね。せっかくのiPhone SEの性能を活かせません。

ひどい格安SIMだと「平日の昼は0.1 Mbps(100 kbps)しか出ない」という状況で、動画どころかiPhone SEでニュースの記事を読むだけでも数十秒かかってしまいます。

ですが、UQ mobileはそんな格安SIMにありがちなストレスとは無縁です。大手IT情報サイト・ITmediaの調査によると、UQ mobileは平日の昼でも10 Mbps前後の速度を維持しています。10 Mbpsとは、フルハイビジョンの動画も途切れずに再生できる速度です。

UQ mobileを含む主要な格安SIM・5サービスの、2016年7月〜2017年6月の平日昼の速度を以下に示します。上り(アップロード)はあまり使うことがないため、重要な下り(ダウンロード)の速度のみです。

なお、引用元はITmediaの「通信速度定点観測」という一連の記事です。測定場所は東京都千代田区紀尾井町のITmedia社内またはJR横浜駅西口で、日時は毎月下旬の正午〜午後1時の間となっています。

主要格安SIM 5サービス・平日昼の下り速度比較

UQ mobileは2016年7月に0.6 Mbps、同10月に5.52 Mbpsという低い値を記録していますが、その他の月は10 Mbpsを上回っていますね。

ただ、ユーザー数の増加に伴って今後はUQ mobileも他の格安SIM程度に速度が低下すると考えられますから、iPhone SEとのセットを購入する前に期待しすぎるのは禁物です。

UQ mobile申し込み前にこれをチェック!

ここまで、iPhone SEとUQ mobileの格安SIMがいかに安くて速いかということを説明してきましたが、もちろん注意点もあります。

UQ mobile公式サイトに移動するためのリンクは後ほど設けますので、まずは確認していきましょう。

現在の携帯電話会社で違約金が発生しないか?

docomo・au・SoftBankといった大手携帯電話会社を契約している方は、「2年契約」をしていることがほとんどです。

どういうことかと言うと、「料金を安くするかわりに、2年間は必ず契約し続けてください」というものですね。この期間が過ぎる前に解約すると、約1万円の違約金が発生します

ですから、「違約金がかかってもいい。今すぐiPhone SEとUQ mobileの格安SIMセットを契約したい」という方以外は、携帯電話会社のお店かサポートの電話に「違約金がかからずに解約できるのはいつですか?」と問い合わせてください。

メールアドレス・電話番号は変わる?

まず、MNP(携帯電話番号ポータビリティー)という制度を使えば、電話番号を変えずにUQモバイルの格安SIMでiPhone SEセットを契約できます。

ただし、MNPで電話番号を維持する場合は、3,240円(税込)の手数料が必要です。

また、docomo・auなどのメールアドレスは使えなくなるので、事前にGmailかiCloudメールを取得して、お知り合いに伝えておいて下さい。

さらに、LINEを機種変更する前には複雑な手続きが必要になるため、UQスポット・家電量販店の店員に相談してくださいね。

UQ mobileの契約にはクレジットカードが必要

UQ mobileでiPhone SEと格安SIMセットを契約するためには、クレジットカードで料金を支払う必要があります。他の支払い手段はありません。

口座振替でも良いのに……と私も思いますが、クレジットカード契約なら料金未払いのおそれが少ないですし、決済コストもかからないのでしょうね。

まだクレジットカードをお持ちではない方には、年会費無料で「学生・主婦でも申し込める」という評判の「楽天カード」をおすすめします。

年会費永年無料の楽天カード

残念ながら、18歳未満で高校を卒業できる時点に達していない方は、クレジットカードもUQ mobileも契約できません。

ただ、親御さんの名義で契約することはできますから、「格安SIMで契約できるiPhone SEがあるんだけど……」と言って相談してみてください。

電波は届くか、速度は充分か

UQ mobileの格安SIMは大手携帯電話会社・KDDI(au)の回線を借りて運営されていますから、iPhone SEに電波が届く範囲もauとまったく同じです。

UQ mobileの速度が格安SIMとしては非常に速いことも、先ほどのグラフで説明しましたね。

ただ、今までにauを契約したことがない方はご自宅やお勤め先でUQ mobileの電波が入るかどうかわかりませんし、今後速度が低下するということもあり得ます。

そこで、15日間無料でUQ mobileのスマートフォンを借りられる「Try UQ mobile」というサービスを、iPhone SEとのセットを契約する前にお試しください。

Try UQ mobileの申し込みページは、UQ mobileサイトの「ご検討中のお客様」という欄の中にあります(パソコン版の場合、トップページの最下部付近です)。

UQ mobile公式サイトはこちら

説明が長くなってしまいましたが、iPhone SEと格安SIMセットをお得に契約できるUQ mobileの公式ウェブサイトはこちらです。

iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

15日間無料でお試しできますし、iPhone SE以外のスマートフォンと格安SIMのセット契約もできます。ぜひUQ mobile公式サイトをご覧ください!

タグ: MVNO 格安SIM iPhone