ショッピング

au PAYにおさいふPontaを連携できない時の解決法

ローソンが発行していたPontaポイントカード付きプリペイドカード「おさいふPonta」をau PAYに登録できない時の解決方法です。

おさいふPontaはau PAYに登録不可? 解決策はなし

2020年5月21日、KDDIが提供する「au WALLETポイント」が「Pontaポイント」に変更され、「au PAY」などauサービスを利用する際はPontaポイントとの連携が欠かせなくなりました。

ところが、ローソンが発行していた「おさいふPonta」はエラーが出てau PAYに登録できないことがあります。

おさいふPonta au PAY連携エラー

具体的な状況を説明します。

まず、スマートフォンのau PAYアプリを起動してau IDでログインし、Ponta会員IDとの連携を行おうとします。

au IDとPonta会員IDの連携

「お持ちのPontaカードと連携する」を選択します。

au PAY Ponta会員番号入力

Ponta会員番号を入力し、先に進みます。

au PAY Ponta会員情報入力画面

会員情報を間違いなく入力したはずですが……。

au PAY会員情報エラー

「入力項目のいずれかに誤りがあるようです」と表示され、au PAYにおさいふPontaを登録することができませんでした。

しかし、間違いなく氏名、性別、生年月日、電話番号を正しく入力したはずです。電話番号は固定電話と携帯電話の両方で試しました。何がいけないのでしょうか?

結論…おさいふPontaはau PAYに登録できない!

上記のエラーが発生してから、おさいふPontaのカード裏面に記載された以下の電話番号に電話しました。

  • Pontaカスタマーセンター(0120と0570の両方が記載されたほう)
  • おさいふPontaデスク(0570と東京、大阪の番号が記載されたほう)

まず「Pontaカスタマーセンター」に電話をかけると、「そのカードはおさいふPontaなので、おさいふPontaデスクに相談してほしい」と言われました。

次に「おさいふPontaデスク」に電話して氏名や電話番号などを伝えると、「おさいふPontaの会員情報が存在するのは間違いない」と言われました!

ところが「Ponta会員情報に関することなので、Pontaカスタマーセンターに問い合わせてほしい」とも言われました。たらい回しです!!

というわけで、2箇所のカスタマーセンター・デスクに問い合わせても解決法はわかりませんでした……。

ただし、「おさいふPontaの会員情報は確かに登録されているが、Ponta Webには会員情報がない」ことははっきりしました。

実際に、おさいふPontaサイトでIDとパスワード(Ponta WebのIDとは別)を入力すると、無事にログインできました(スクリーンショットは撮り忘れました)。

一方、Ponta Webはリクルートが運営するPonta会員サイトです。

私の場合、リクルートIDでPonta WebにログインするとおさいふPontaの会員番号が表示されるが、会員情報の編集はできないという状態です。

結論を述べると……解決方法がわからないので、Ponta Webをau PAYに登録するのは諦めました。

Pontaカード(公式)アプリにau IDでログイン

おさいふPontaをau PAYに登録できないようなので、Pontaカード(公式)アプリで発行したデジタルPontaカードをau PAYに登録することにしました。

Pontaカード(公式)アプリ

「Pontaカード(公式)アプリ」をApp StoreまたはGoogle Playからインストールし、起動して「au IDログイン」を選択します。

手順は省略しますが、この後の画面で「デジタルPontaカード」を発行できます。

スマートフォンに表示したデジタルPontaカード

上の写真は、発行したデジタルPontaカードです。

なお、カード番号はローソンアプリやPonta Webにも登録可能ですので、メモしておくことをおすすめします。

「Pontaカード(公式)アプリ」デジタルPontaカードを発行した後は、同じカードをau PAYアプリでも簡単に登録できます。

使わなくなったおさいふPontaカードはどうする?

このおさいふPontaカードですが、元々はローソンが発行した「JCBプリペイドカード兼Pontaポイントカード」です。

そもそもPontaとは、三菱商事の子会社である株式会社ロイヤリティ マーケティングが運用するポイントプログラムです。

簡単な沿革をWikipediaから引用します。

  • 2010年3月1日、ロイヤリティ マーケティングがPontaサービス開始
  • 2015年11月3日、ローソンが「おさいふPonta」を発行開始
  • 2016年2月2日、リクルートポイントとPontaが統合
  • 2020年5月21日、KDDIのauポイントとPontaが統合
  • 2020年8月17日、「おさいふPonta」のプリペイド機能が完全に終了

……これだけ見ても、一体どの企業がPontaを管理しているのか非常にわかりにくいですね。

私はWikipediaの記事を読むまで「現在(2020年5月以降)はKDDI(au)がPontaを管理・発行している」と思い込んでいましたが、KDDIとロイヤリティ マーケティングが提携しただけのようです。

それはともかく、私がためした限りでは「おさいふPontaはau ID(au PAY)に登録できない」のは確かです。

「おさいふPonta」のポイントは使い切り、「Pontaカード(公式)アプリ」で新しいデジタルPontaカードを発行することをおすすめします。

「おさいふPonta」のポイントを使い切る方法

必ず「おさいふPonta」の解約前にポイントを使い切りましょう。

「おさいふPonta」で溜まったポイントは、ローソンで会計時に1ポイント1円として使えます。お菓子の「うまい棒」でも買ってポイントを使い切りましょう。

たとえば「おさいふPontaに205ポイント残っている」という場合は、ローソンで税込220円のものを買って、205ポイントと現金15円で支払うことができます。

「おさいふPonta」は解約できる?

今までの「おさいふPonta」は、そのままPontaポイントカードとして使い続けることもできますが、解約することもできます。

その方法は「おさいふPontaカード裏面の『おさいふPontaデスク』に電話をかけ、解約したい旨を伝える」というものです。

実際に私も「おさいふPontaデスク」に電話をかけたところ、「おさいふPonta公式サイト」でログインできなくなり、解約が完了しました。

ただ、「0570」で始まる「ナビダイヤル」のほうに電話をかけてしまったため、22.5秒ごとに10円の通話料がかかってしまいました。

大体8分くらい通話したので……220円くらいでしょうか? お金の無駄ですね。

というわけで、無理に「おさいふPonta」を解約する必要はないのではないか、とも思います。

リクルートIDに紐付いたPonta会員番号は変更できない

このページで最初に問題になった「Ponta Web」はリクルートが運営するサービスであり、リクルートIDでログインします。

このリクルートIDですが、登録できるPonta会員番号は一つだけで、変更不可能のようです。

ですから、「どうしても『おさいふPonta』の会員番号をリクルートIDから削除したい」という場合は、リクルートID自体を解約するしかありません。

ただ、既にリクルートIDのサービスを活用しており、解約するのが難しいということもあると思います。

その場合は、おさいふPontaは解約せずポイントカードとして持ち続けて(au PAY用にデジタルPontaカードも発行して)、リクルートIDも残しておくしかありません。

タグ: Ponta au QRコード決済