ポイント・クレジット

Origami Payの使い方 LINE 楽天 PayPayとの違い・メリットは?

QRコード決済の一種である「Origami Pay」の使い方を紹介します。

楽天ペイと違ってポイントとの併用はできませんが、クーポンが多いのがメリットです。

Origami Payとは何か?

Origami Pay(オリガミペイ)は、「株式会社Origami」が提供する、QRコード決済サービスの一種です。

QRコード決済といえば、カードを持たなくてもスマートフォンの画面を提示するだけで支払いを行えるのがメリットで、楽天ペイ、LINE Pay、PayPayなどが有名ですね。

Origami Payはこれらの大手企業ではなく、ベンチャー起業の株式会社Origamiが2016年5月19日に開始したサービスです。

ニュースリリース - Origami、スマホ決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」の 正式提供開始。 | Origami

Origami Payはどんな店で使える?

残念ながら、2019年3月現在、Origami Payの加盟店は多いとは言えません。

クレジットカード会社のクレディセゾンと提携しており、コンビニのローソンなどで使うことができますが、楽天ペイ、LINE Pay、PayPayよりは加盟店が少ないですね。

主なOrigami Payの加盟店は以下のとおりです。

  • AOKI(衣料品店)
  • ケンタッキーフライドチキン
  • Zoff(メガネ店)
  • 吉野家(牛丼屋)
  • ローソン(コンビニ)
  • Loft(雑貨店)
  • 和民(居酒屋)

Origami Payの公式サイトには、使える店の一覧は載っていないようです。

Origami Payアプリで「地図からお店を探す」という項目を表示することで、現在位置から近い加盟店を表示することができます。

なお、Origami PayはLINE Payや楽天ペイとは異なり、オンライン決済には対応していません。

Origami Payのメリットは?

Origami Payのメリットとして挙げられるのは、2%・10%などの割引ですね。

「など」と書いたのは、同じOrigami Payの加盟店であっても、店舗ごとに割引率が異なるからです。

Origami Payアプリで加盟店のページを開くと、左の方にオレンジ色の枠があり、「2%」など還元率が表示されています。

パーセンテージではなく金額が表示されていることもあるので注意が必要です(たとえば、「50%引き」だと思って決済したら「50円引き」だった、など)。

Origami Pay AOKI

なお、Origami Payの割引は決済金額からの値引きであり、ポイント付与ではありません。

たとえば、1%ポイント還元のサービスの場合、通常は1,000円を決済すると「1,000円を支払い、10円分のポイントをもらえる」という形ですよね?

10円分であることは間違いありませんが、ポイントだともらったことを忘れて失効させてしまったり、使える店が少ないなどのデメリットがあります。

Origami Payの場合は、「1,000円の決済で1%還元だと、10円値引きされて支払いが990円で済む」という方式ですから、ポイント付与方式より親切です。

キャンペーン・クーポンは多かったが……。

ただ、PayPayやLINE Payが「20%還元」という驚異的なキャンペーンを行っている以上、Origami Payの存在意義は少々薄いように感じます。

Origami Payでも、2019年2月には「ローソンでLチキ(税込160円)が無料になるクーポン」を配布したり、「吉野家・ケンタッキーフライドチキンで最大50%オフ」など、数多くのキャンペーンを実施していました。

Origami Pay ローソンLチキクーポン

2019年3月も、ローソンでシュークリームが無料になるキャンペーンが行われました。

しかし、ここで挙げたローソンのLチキやシュークリームのクーポンは「QRコード決済を行わなくても、ほかに何も買わなくても使える」というものでしたから、はっきり言ってOrigami Payの普及には役立っていません。

Origami PayがキャンペーンでLINEやソフトバンク(PayPay)といった巨大資本に勝つのは難しいですから、「Origami Payでなければならない」と言えるような差別化が必要ではないでしょうか。

Origami Payアプリの登録方法

はっきり言ってあまりメリットが感じられなくなってしまったOrigami Payですが、アプリの使い方も紹介します。

まずは、銀行口座またはクレジットカードを登録する必要があります。2019年3月の時点では以下の銀行を登録可能です。

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 大垣共立銀行
  • 青森銀行
  • 静岡銀行
  • 三重銀行
  • 第三銀行
  • SBJ銀行
  • 仙台銀行
  • 百五銀行
  • みちのく銀行
  • 佐賀銀行
  • イオン銀行

なお、銀行口座をOrigami Payに登録してQRコード決済すると、決済と同時に、瞬時に支払額が銀行口座から引き落とされます。

デビットカードのQRコード決済版と考えるとわかりやすいでしょうか?

また、登録できるクレジットカード・デビットカードはVisaとMastercardのみです。

詳細は省きますが、ほとんどのVisaデビットカードも登録可能です。

ただ、Visa・Mastercardのプリペイドは登録できない場合もあるようですので、できるだけクレジットカードかデビットカードをご用意ください。

クレディセゾンが発行するクレジットカードに限り、JCBとAmerican Expressも登録可能です。

2018年8月に「Origami PayでJCB・American Express・Dinersも使えるようになる」という発表がありましたが、2019年3月になってもまだ対応していないようです。

Origami、銀行、クレジットカードブランドとの連携拡大 | Origami

Origami Payアカウントの作成

Origami Payアプリを使うには、まずApp StoreまたはGoogle Playでアプリをダウンロードし、アカウントを作成します。

アプリを起動したら、「Origamiの利用を開始する」をタップしましょう。

Origamiの利用を開始する

次の画面では、メールアドレスまたはFacebookアカウントでOrigami Payにサインインしますが、メールアドレスで登録することをおすすめします。

そして、Origami Payで使用する携帯電話番号を入力します(自動的に入力されることもあります)。

その携帯電話番号にSMS(電話番号のメール)で認証番号が届きますので、Origami Payアプリに入力してください。

最後に、氏名を入力すればOrigami Payへの登録が完了します。

なお、Origami Payではパスワードの設定は不要です。

銀行口座・クレジットカードの登録

Origami Payを使うためには、銀行口座またはクレジットカードの登録が必要です。

両方を同時に使うことはできないので(たとえば、1,000円の支払いで600円を銀行、400円をクレジットカードにすることはできない)、よく使う口座またはカードを登録しておけば良いでしょう。

なお、無料クーポンを使うだけでも、Origami Payへの銀行口座・クレジットカード登録が必須となっています。

まず、Origami Payアプリの上部にある「Wallet」ボタンをクリックします。

Origami Payアプリ Wallet

次に、「金融機関口座を登録する」「クレジットカード/デビットカードを登録する」のいずれかを選択し、画面に従ってOrigami Payへの登録を進めます(下の画像では、既に銀行口座とVisaカードを登録済みです)。

Origami Payアプリ Wallet 口座・カード登録済

銀行口座またはクレジットカードを登録したら、Origami Pay加盟店で「スキャン支払い」と「コード支払い」を利用できるようになります!

……ただ、加盟店が少なく、ポイント還元などのメリットも少ないため、私はまだOrigami PayのQRコード決済を利用したことがありません。

無料クーポンは欠かさず使うようにしていますが……果たして普及するんでしょうか、Origami Pay。

タグ: QRコード決済