なぜ富裕層は楽天カードを愛用するのか?

カテゴリー: ポイント・クレジット

富裕層のクレジットカードは「A」でも「D」でもなく、楽天カード!

皆さん、富裕層が持つクレジットカードといえば何を思い浮かべますか? ダイナース、それともアメリカン・エキスプレス? いいえ、定番の「三井住友VISAプラチナカード」や「JCB THE CLASS」でしょうか。

もちろんそのような「ステータスカード」を持つ富裕層も存在するでしょう。しかし、パーセンテージを見る限りでは、楽天カードを愛用する人が最も多いのです。

楽天カード

決して、楽天ダイヤモンド会員である私の贔屓でも妄想でもありませんよ! 三菱総合研究所が2016年に発表したレポートの中で述べられていることです。

第2回 所得富裕層の志向はメインカードタイプで見抜け : 1万人調査で読み解くカード決済動向(2016年版) : 三菱総合研究所

まず、このデータでは「世帯年収が1,000万円以上」の人を「所得富裕層」と定義しています(以下、「富裕層」とします)。

そして、富裕層に「メインで利用しているクレジットカードは何ですか?」と尋ねたところ、最多の23%が楽天カードを含む「ネット系カード」と回答したのです。僅差で次点の「メインカード」は銀行系の22%で、流通系16%、航空系14%となっています(下のグラフの青い棒)。

富裕層のメインクレジットカード グラフ

「ネット系カード」には楽天カードのみならずYahoo! JAPANカードも含まれますが、このカードの会員数は2017年3月末で約360万人です。一方で楽天カード会員数は2017年3月末で1,400万人を超えていますから、「ネット系カード」の約4分の3が楽天カードであることがわかります。

もっとも、富裕層ではない人のメインカード(グラフのオレンジ色の棒)を見てみますと、ネット系カードが30%と突出していますし、富裕層の14%がメインにしていた航空系カードの「メイン率」はわずか4%です。

すみません、「富裕層は楽天カードを愛用している」というのは多少誇張した表現です。正確には「富裕層の中にも、楽天カードを愛用している人が意外と多い」と言うべきですね。

資産家が楽天カードを使う理由

では、なぜ「富裕層『も』楽天カードを愛用する」のでしょうか? 2012年12月と少々古いデータですが、雑誌「プレジデント」のアンケート調査があります。

ネットショッピングで抜群の人気、楽天カード [クレジットカード] All About

この雑誌のアンケートでも、低所得層から高所得層のいずれの部門でも第一位が楽天カードだと書かれていますね。

「なぜ楽天カードを使うのですか?」とまでは質問していないので正確な理由は不明ですが、富裕層向けメディア「ゆかしメディア」には、世帯年収1,000万円以上の男性が、「妻に『プラチナカードを解約しなさい』と言われた」というエピソードが載っています。

年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ年会費値上げ | ゆかしメディア|『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで | 1

要約すると……。

  • 高ステータスカードは旅行に便利なカードである(注:空港ラウンジが無料、コンシェルジュを利用できる、などですね)
  • だが、富裕層(大手マスコミの中間管理職)は忙しいので旅行に行く暇がない
  • 妻は「実利的」な年会費無料の楽天カードを愛用している
  • 「プラチナカードの年会費が値上がりするなら、無駄だから解約しなさい」と妻に言われた

つまり、「旅行に行く暇がなく、見栄を張るためくらいにしか役立たないので、年会費が高いだけのプラチナカードを解約しろと言われている」ということです。

楽天カードなら年会費無料でポイントもたくさん貯まりますから、シビアな金銭感覚を持つ富裕層の女性に愛用されるのですね。

ただし、こちらの方は世帯年収1,000万円以上の富裕層と言っても「大企業の中間管理職」レベルですから、さらに高収入で資産もある方ならば、異なる結果になるかもしれません。

お金持ちは質素? それとも派手?

こういう「富裕層のライフスタイル」を紹介する記事で必ず出てくる論争が、「お金持ちは本当は質素だ」「いや、資産家こそ派手にお金を使う!」というものですね。

いきなり結論を言うと、どちらも正解です。考えればわかりますが、年収300万円でも高級車やブランド品を買いあさる人はいますし、相応に質素な生活を送る人もいます。年収や資産に加えて、個々人の性格によると述べるのが最もフェアでしょう。

ファイナンシャルプランナーやジャーナリストが紹介する富裕層というのは、飽くまでもその人と交流がある範囲内でしかありませんから、一括りにすることはできません。

お金持ちでも何でもない私が言っても説得力がないかもしれませんが、富裕層みんながブラックカードを持つわけではなく、楽天カードを愛用している人もいることは確かです。

タグ: 楽天