フレッツ光の500円プロバイダーを比較して乗り換えよう

カテゴリー:

月額500円でIPv6 IPoEを使えるQitが終了! 乗り換えが必要に

NURO光やeo光など、光回線とプロバイダーがセットになったサービスが増えたこともあり、プロバイダーを乗り換えることは少なくなりましたね。

一方、NTT東日本・西日本のフレッツ光ではプロバイダー契約が必須です。NUROなどと比較すると手続きが多いですが、サービス内容と価格を比較してプロバイダーを乗り換えられるというメリットがあります。

私は今までNTT西日本のフレッツ光ネクスト隼と、Qit(クイット)という格安プロバイダーを契約していました。Qitの知名度は比較的低いですが、月額500円(税込540円)のプロバイダー料を払うだけでIPv6 IPoEによる接続が可能でした

IPv6 IPoEとは、インターネットの新しい通信方式です。ただ、一般家庭で使ってもあまり恩恵はありませんから、私の場合は自己満足です。

そんな格安500円プロバイダー・Qitですが、2016年10月31日でサービスを終了するという通知が、7月下旬に電子メールで、8月上旬には郵便で届きました。

Qit終了と@Niftyの案内

詳しい事情は省きますが、2016年になってからQitの運営会社が大手プロバイダーのニフティ(@Nifty)に変更されたのです。「サービス内容の変更はありません」と案内されていましたが、それから1年も経たずに終了が決定しました。

ニフティとしては、当然ながら自社のプロバイダー「@Nifty」に乗り換えてほしいのでしょうし、上に写真を載せたDMにもそのような趣旨の記載がありますね。

ただ、Qitと@Niftyの価格を比較すると、合計で@Niftyのほうが月額500円ほど高くなってしまいます(Qitはプロバイダーのみ、@Niftyは光回線もセットになったプランなので、単純比較はできません)。

そこで、Qitから変更できる、月額500円くらいの価格で使えるフレッツ光の格安プロバイダーはないのだろうか? と考え、乗り換え先を探すことにしました。

フレッツ光の格安プロバイダー2社を比較

2016年8月19日に価格比較サイトなどで調べたところ、フレッツ光に接続できる月額500円(税込540円)の格安プロバイダーは次の2社がありました(サービス終了するQitは除きます)。

BB.exciteは、昔は検索エンジンとしても有名だったExciteが運営する格安プロバイダーです。メールやホームページサービスを契約するだけでもオプション料金が必要になりますが、現在はGmailやブログを利用する人が多いですから、乗り換えても問題にはならないでしょう。

i-revo(アイレボ)というプロバイダーはExciteと比較すると知名度が劣りますが、大手ゲーム会社・コナミの関連会社と大手通信会社のIIJが出資していますから、乗り換え先としての信頼性はあります。

残念なことに、いずれのプロバイダーもIPv6 IPoEには非対応ですが、月額500円(税込540円)という安さは魅力的です。それぞれのサービスを比較してみましょう。

 BB.excitei-revoアクセス
月額料金(税込)540円
キャンペーンで
6ヶ月324円
540円
初期費用なしなし
最低利用期間12ヶ月なし
支払方法クレジットカードクレジットカード
メール1アカウントあたり
月額302.4円(税込)
容量1GB
IMAP対応
なし
固定IPアドレス月額2,700円(税込)無料
変動IPアドレス不可
IPv6非対応非対応

月額料金はいずれのプロバイダーも500円(税込540円)ですが、乗り換えキャンペーンが実施されるBB.exciteのほうが比較的安くなります。お支払い方法はいずれもクレジットカードのみです。

無料メールはありませんから、Gmailなどをお使いでない場合は、プロバイダー乗り換え前にメールアドレスを用意しておいてください。

プロバイダーを比較してわかる最大の違いは、i-revoアクセスは固定IPアドレスが標準で提供されるということです。自宅サーバーを公開している方やオンラインゲームをなさる方には嬉しいですね。

Qitのサービス終了までにはまだ2ヶ月ほどありますから、私はもう少し比較してから乗り換え先のプロバイダーを決めようと思います。

11月12日追記…ふみびとは結局どちらに乗り換えたのか?

10月31日にQitのサービスが終了しましたが、私はBB.exciteとi-revoのどちらにも乗り換えませんでした。

9月下旬にQitのサービス継承会社であるニフティ(@nifty)から「Qitの利用者が@niftyに乗り換えれば、通常税抜950円の月額料金が約1年間税抜450円になる」という電話を受け、@niftyに契約を変更したためです。

@niftyのキャンペーン別紙

我が家ではNTT西日本のフレッツ光ネクスト隼・マンションタイプを契約しています。

@niftyでは現在、光回線もNTT東日本・西日本から@niftyに転用(変更)する「@nifty光」が主流ですが、Qitからのキャンペーンで移行する場合は「転用不要」で、回線契約はNTT西日本のまま、プロバイダだけを@niftyにすることもできました。

キャンペーンのお知らせ自体は8月中旬以降に何度か電話があったのですが、実際に申し込みを決定したのは9月下旬で、契約書面が届いたのは9月末です。クレジットカード払いの場合はオンラインで手続きが可能で、Qitからのプロバイダ変更もフレッツ光のひかり電話対応ルータの設定を変更するだけでした。

2016年11月12日・土曜日の14時00分にAndroidのSPEEDTESTアプリで測定したところ、ダウンロードは91.33 Mbps、アップロードは92.03Mbpsという結果でした。Qitの時はWi-Fi接続すると上下とも30Mbps程度でしたから、大幅な改善です(有線接続ならば以前から300Mbpsほどになります)。

オプションサービスは契約しておらず、メールも@niftyからのお知らせくらいしか利用していないため、他社との比較はできません。なお、メールは容量5GBの1アカウントが無料ですが、IMAPの利用には月額税込108円が必要です。

私が@niftyの利用を開始したのは10月1日で、利用開始月(10月)は無料、その後の11ヶ月間(2016年11月〜2017年9月)は@niftyの料金が税抜450円(税込486円)になります。キャンペーン料金適用終了後の2017年10月に、このページに記載した500円プロバイダー・BB.exciteとi-revoを再度比較して、いずれかに乗り換える予定です。

メールを下さった読者の方へ

2016年9月20日にこのブログの読者の方から「乗り換え先のプロバイダをレビューして欲しい」という内容のメールを頂いていたのですが、見落としていたため返信できませんでした。Yさん、申し訳ございません。

このブログのプロフィール欄に記載したアドレスにはスパムメールが届くことが多いため、「読者からメールが来ることはないだろう」と思い込み、確認を怠っておりました。今後はできるだけ返信するように心がけます。

タグ: フレッツ光 プロバイダー