フレッツ最安値プロバイダーは500円。乗り換えて速度を比較!

カテゴリー: パソコン・スマホ本体

月額500円でIPv6 IPoEを使えるQitが終了! フレッツの最安値プロバイダーに乗り換えたい

注:この節では「なぜ私がフレッツ光の最安値500円プロバイダーに乗り換えたか」を説明しています。

「前置きはいいから、早く500円で契約できるフレッツ光の最安値プロバイダーの情報を知りたい」という方は、こちらの節に移動してください。

月額500円のフレッツ光 最安値プロバイダーを比較

私がプロバイダーを乗り換えた経緯(2016年8月)

NURO光やeo光など、光回線とプロバイダーがセットになったサービスが増えたこともあり、プロバイダーを乗り換えることは少なくなりましたね。

一方、NTT東日本・西日本のフレッツ光ではプロバイダー契約が必須です。NUROなどと比較すると手続きが多いですが、サービス内容と価格を比較してプロバイダーを乗り換えられるというメリットがあります。

私は今までNTT西日本のフレッツ光ネクスト隼と、Qit(クイット)という格安プロバイダーを契約していました。Qitの知名度は比較的低いですが、月額500円(税込540円)のプロバイダー料を払うだけでIPv6 IPoEによる接続が可能でした

IPv6 IPoEとはフレッツ光の新しい通信方式で、対応プロバイダーの中では500円のQitが最安値でした。

そんな最安値でIPv6 IPoEを利用できた格安500円プロバイダー・Qitですが、2016年10月31日でサービスを終了するという通知が、7月下旬に電子メールで、8月上旬には郵便で届きました。

Qit終了と@Niftyの案内

詳しい事情は省きますが、2016年にQitの運営会社が大手プロバイダーのニフティ(@Nifty)に変更されたのです。「サービス内容の変更はありません」と案内されていましたが、それから1年も経たずに終了が決定しました。

ニフティとしては、当然ながら自社のプロバイダー「@Nifty」に乗り換えてほしいのでしょうし、上に写真を載せたDMにもそのような趣旨の記載がありますね。

ただ、Qitと@Niftyの価格を比較すると、合計で@Niftyのほうが月額500円ほど高くなってしまいます(Qitはプロバイダーのみ、@Niftyは光回線もセットになったプランなので、単純比較はできません)。

そこで、Qitから変更できる、月額500円くらいのフレッツ光・最安値プロバイダーはどこだろうか? と考え、乗り換え先を探すことにしました。

このページでは「フレッツ光」の最安値プロバイダーがメインテーマですが、「フレッツADSL」でも同じ会社を500円で利用できますよ!

2016年11月12日追記…結局、Qitを吸収した@niftyに乗り換え。

2016年10月31日にQitのサービスが終了しましたが、私は@niftyに乗り換えました。

9月下旬にQitのサービス継承会社であるニフティ(@nifty)から「Qitの利用者が@niftyに乗り換えれば、通常税抜950円の月額料金が約1年間税抜450円になる」という電話を受け、@niftyに契約を変更したためです。

@niftyのキャンペーン別紙

キャンペーンのお知らせ自体は8月中旬以降に何度か電話があったのですが、実際に申し込みを決定したのは9月下旬で、契約書面が届いたのは9月末です。クレジットカード払いの場合はオンラインで手続きが可能で、Qitからのプロバイダ変更もフレッツ光のひかり電話対応ルータの設定を変更するだけでした。

@niftyでは光回線もNTT東日本・西日本から@niftyに転用(変更)する「@nifty光」が主流ですが、Qitからのキャンペーンで移行する場合は「転用不要」で、プロバイダだけを@niftyにすることもできました。

2016年11月12日・土曜日の14時00分にAndroidのSPEEDTESTアプリで測定したところ、ダウンロードは91.33 Mbps、アップロードは92.03Mbpsという結果でした。Qitの時はWi-Fi接続すると上下とも30Mbps程度でしたから、大幅な改善です(有線接続ならば以前から300Mbpsほどになります)。

オプションサービスは契約しておらず、メールも@niftyからのお知らせくらいしか利用していないため、他社との比較はできません。なお、メールは容量5GBの1アカウントが無料ですが、IMAPの利用には月額税込108円が必要です。

私が@niftyの利用を開始したのは10月1日で、利用開始月(10月)は無料、その後の11ヶ月間(2016年11月〜2017年9月)は@niftyの料金が税抜450円(税込486円)になります。今のところは500円を下回り、フレッツのプロバイダーとしては最安値ですね。

キャンペーン料金適用終了後の2017年10月に、このページに記載した最安値の500円プロバイダー・BB.exciteとi-revoを再度比較して、いずれかに乗り換えます(2017年10月21日追記…BB.exciteに乗り換えました)。

ところで、2016年9月20日にこのブログの読者の方から「乗り換え先のプロバイダをレビューして欲しい」という内容のメールを頂いていたのですが、うっかり見落としていました。Yさん、本当に申し訳ございません!

2017年10月、ようやくBB.exciteに乗り換え

それからおよそ一年が経った2017年10月、やっとBB.exciteに乗り換えましたよ

前書きが長くなりましたが(1年以上かかりましたし……)、申し込み方法と速度を載せていきます。

月額500円のフレッツ光 最安値プロバイダーを比較

2016年8月19日に価格比較サイトなどで調べたところ、フレッツ光に接続できる格安プロバイダーの最安値は月額500円(税込540円)で、次の2社がありました(サービス終了するQitは除きます)。

2017年9月1日にも再度調べましたが、やはりフレッツ光(とADSL)プロバイダーの最安値は500円でこの2社しかありません。

BB.exciteは、昔は検索エンジンとしても有名だったExciteが運営する500円プロバイダーです。メールやホームページサービスを契約するだけでもオプション料金が必要になりますが、現在はGmailやブログを利用する人が多いですから、乗り換えても問題にはならないでしょう。

i-revo(アイレボ)というプロバイダーはExciteと比較すると知名度が劣りますが、大手ゲーム会社・コナミの関連会社と大手通信会社のIIJが出資していますから、乗り換え先としての信頼性はあります。

残念なことに、いずれのプロバイダーもIPv6 IPoEには非対応ですが、フレッツ最安値の月額500円(税込540円)という料金は魅力的です。それぞれのサービスを比較してみましょう。

 BB.excitei-revoアクセス
月額料金(税込)540円
(キャンペーンで6ヶ月324円)
540円
初期費用なしなし
最低利用期間12ヶ月なし
支払方法クレジットカードのみクレジットカードのみ
メール1アカウントあたり
月額302.4円(税込)
容量1GB
IMAP対応
なし
固定IPアドレス月額2,700円(税込)無料
変動IPアドレス不可
IPv6非対応非対応

月額料金はいずれのプロバイダーもフレッツでは最安値の500円(税込540円)ですが、BB.exciteのほうが乗り換えキャンペーンで「加入から6カ月間は300円(税込324円)」になるので比較的お得です。なお、お支払い方法はいずれもクレジットカードのみです。口座振替のほか、デビットカード・プリペイドカードも使えません

プロバイダー契約とセットの無料メールはありませんから、Gmailなどをお使いでない場合は、乗り換え前にメールアドレスを用意しておいてください。

フレッツ最安値500円のプロバイダーを比較してわかる最大の違いは、i-revoアクセスは固定IPアドレスが標準で提供されるということです。自宅サーバーを公開している方やオンラインゲームをなさる方には嬉しいですね。

ただ、私は自宅サーバーもオンラインゲームも使いませんから、BB.exciteに乗り換えることにしました

では、次は「BB.exciteプロバイダーに乗り換える方法」と、「フレッツで最安値の500円だけど、速度は遅い?」という内容でお届けします。

500円プロバイダー・BB.exciteの申し込み方法

まずは、BB.exciteの公式サイトにアクセスしてください。なお、スマートフォンからアクセスしても申し込みページに進めず、表示される電話番号で申し込むしかないため、「オンラインで今すぐID・パスワードを発行したい」という方は、パソコンでアクセスすることをおすすめします。

BB.excite

次に、ページの中ほどにある黄色い「フレッツ光の方 キャンペーン適用申込み」をクリックします。

BB.excite申込画面

「ご利用地域」(通常はご住所)と、「接続コース」を選びます。

BB.excite ご利用地域・接続コース

なお、NTT東日本エリアならば接続コースは1種類しかありませんが、NTT東日本エリアでは「フレッツ光ネクスト・ライト」と「フレッツ・光プレミアム」のいずれかからご契約中のサービスをお選びください。

固定IPアドレスは「利用しない」、オプションサービスのメールは「購入しない」を選び、「サービス利用約款・基本説明事項に同意する(契約内容詳細はメールより確認する)」にチェックを入れて、「エキサイトIDを新規登録」を押してください(既にエキサイトIDをお持ちの場合は、「エキサイトIDでログイン」です)。

エキサイトIDを新規登録

エキサイトIDの登録画面です。登録を希望するID、パスワードなどを入力し、「利用規約に同意してエキサイトIDを登録」ボタンをクリックします。

BB.excite申込画面

エキサイトIDの登録が完了したら、オレンジ色のボタン「ご利用中のサービスに戻る」をクリックしてください。

サービス名が「BB.excite」、コース名が「接続サービス 500円で光ファイバーコース」であることを確認してください。なお、「任意」マークが付いているオプションサービスは契約しなくても大丈夫です。

クレジットカード番号を入力して、「利用規約に同意の上次へ進む」を押します。……が、私の場合、ボタンを押しても次のページに進めませんでした

BB.excite 利用規約に同意の上次へ進む

もう一度BB.excite申し込みページのトップに戻り、取得したばかりのエキサイトIDを再入力することで次のページに進めましたが……。安いからでしょうか? いろいろと不親切ですね。

それはともかく、次のページで「コース購入」をクリックすると、BB.exciteの申し込みが完了します。

BB.excite コース購入

最後に、「接続設定ページヘ」ボタンを押して、プロバイダー乗り換えに必要な設定の情報を確認しましょう。

BB.excite コース購入

非常にわかりにくいですが、「サービス」欄の「BB.excite(ISP)」というリンクをクリックします。

BB.exciteご契約情報

「BB.excite接続サービスご契約内容」画面で「インターネット接続情報」を開くと、下の画像のようにフレッツ光のHGW(ホームゲートウェイ)に入力するためのID・パスワードが記載されています。

BB.exciteフレッツID・パスワード

なお、BB.exciteから書面が届くことはありませんので、必ずこの画面に記載されたフレッツ接続用ID・パスワードをメモしてください

また、先ほど入力したメールアドレスに「エキサイトID 登録完了のお知らせ」というメールが届いていますので、2時間以内に記載されたURLにアクセスして認証を済ませてください

フレッツ光 HGWの設定

BB.exciteの契約が完了したら、フレッツ光のホームゲートウェイ(HGW)で設定を行います。

なお、通常はBB.exciteにプロバイダーを変更すると、今まで使っていたプロバイダーで接続することはできなくなります。特定のプロバイダーからしかアクセスできないサービスを利用している場合はご注意ください。

また、古いプロバイダーを解約することも忘れないでください。

フレッツ光のHGWにアクセスするためには、ブラウザで http://ntt.setup/ または http://192.168.1.1/ にアクセスします(機種によっては異なりますので、ホームゲートウェイの説明書をご確認ください)。

次に、「基本設定」「接続先設定(IPv4 PPPoE)」と進んで、「メインセッション」をクリックします。

フレッツ光 接続先設定画面

BB.exciteの契約画面でメモした「接続先ユーザ名」と「接続パスワード」を入力しましょう。

変更しなくても接続できますが、「接続先名」も「BB.excite」に変えておくとわかりやすいです。

フレッツ光 接続先ユーザー名・パスワード入力

ユーザー名・パスワードの入力後に画面下部にあるボタンを押すと、HGWが再起動し、BB.exciteに接続できます。

BB.exciteの速度は遅い?

BB.exciteは月額500円(税込540円)のフレッツ最安値プロバイダーですが、気になるのは「安かろう悪かろう」で速度が遅いのではないかということですね。

「価格.comやTwitterの『BB.exciteは速度が遅い!』という書き込みは、500円プロバイダーに乗り換えさせないための悪質なデマじゃないか?」と思いますが……。まったくのでたらめであるはずはありませんので、少し不安です。

そこで、プロバイダー変更前・変更後に実際に速度を計測してみました。有線接続の環境は以下の通りです。

  • HP Probook 4230s
  • Intel Core i3-2310M 2.10GHz
  • 8GB RAM
  • Linux (Lubuntu 16.04.02 LTS 64-bit)
  • 1000BASE-TX(Cat 6)LANケーブル
  • Studio-RadishのJavaScript版Speedtestを使用

無線接続・Androidスマートフォンのスペックは次のようになっています。

  • Huawei P10 lite
  • Android 7.0
  • Kirin 658 1.71 GHz x 4 + 2.36 GHz x4
  • 3GB RAM
  • 802.11 a/b/g/n/ac
  • Wi-FiルーターはTP-Link Archer C1200

では、まずはプロバイダー変更前の@niftyの速度です。こちらはIPv6 IPoE接続です。2017年9月27日水曜日・14時40分頃に測定しました。

@nifty 速度計測 2017年9月27日14時40分

平日の昼間ということもあって、PCによる有線接続(上)、スマートフォンの無線接続(下)ともに約200 Mbpsを記録していますね。「有線接続のほうが速度が安定するだろう」と思っていましたが、意外とWi-Fi接続との差はありませんでした。

ただし、22時(午後10時)頃には@niftyでも30Mbps前後まで速度が低下しました

次に、2017年10月1日・日曜日の午前9時頃のBB.exciteの速度をお見せします。

BB.excite 速度計測 2017年10月1日9時10分

なんと、スマートフォンのWi-Fi接続のほうが有線接続よりも速いという結果が出ました。偶然、測定サイトの調子が悪かったのかもしれませんが……。

それにしても、あまり混雑していない午前9時頃とはいえ、BB.exicteは日曜日でも下り138.11 Mbps、上り213.88 Mbps、Ping 11 msが出ることを証明できました。

やはり夜間は30 Mbpsくらいまで落ちてしまいますが、HuluやYouTubeといった動画も問題なく再生できますし、「極端に遅い」とは感じませんね。

ただ、リアルタイムのゲームをするならまた違う感想を抱くかもしれませんし、都道府県によっては、本当に遅いところもあるらしいので、否定的なレビューが「500円のBB.exciteを使わせないためのデマ」とは言い切れません。

とにかく、私の環境(奈良県)では問題ありませんでしたので、しばらくはBB.exciteを使い続ける予定です。

フレッツ最安値の500円プロバイダー・BB.exciteの申し込みページはこちらです!

BB.excite

タグ: フレッツ光 プロバイダー