ショッピング

マクドナルドは無料で増量できる!お得な注文方法をご紹介

マクドナルドでは、ハンバーガーなどの具を無料で増量してもらうことが可能です。具体的な注文方法を解説します。

マクドナルドのハンバーガーは無料で具を増量できるって本当?

マクドナルドのハンバーガーを分解

インターネットでお得情報を調べていると、「マクドナルドでは、特殊な注文方法を使うことでハンバーガーのピクルスやケチャップなどを増量できる」という噂を目にしました。本当でしょうか?

結論を先に述べると、本当です。マクドナルドの公式ウェブサイトにも記載されています。

マクドナルド公式サイトの増量に関する記載

バーガー | よくあるご質問 | McDonald's Japan

では早速、どのようにオーダーすれば良いか解説します。

マクドナルド店舗で「ソース多め」などと言うだけ!

といっても、何ら特別な手続きは必要ありません。いつもと同じようにマクドナルドのお店に行って、「ハンバーガーのケチャップを多めにしてください」などと言って注文するだけです。

具体的には……。

  • ハンバーガーのマスタード・ケチャップ・オニオン・ピクルス
  • フィレオフィッシュのタルタルソース
  • えびフィレオのオーロラソース
  • チキンクリスプのからしマヨネーズソース

……などです。

さらに、ポテトの塩を増やしたり、氷を抜くことでドリンク自体の量を増やしたりすることも可能です!

  • ポテトの塩を増やす
  • 氷抜きにした分だけドリンクを増やす
  • カップケチャップを無料でもらう(「ポテト1個でケチャップ1個」「バーガー1個でケチャップ1個」という2説あり)
  • 水を無料でもらう

ただ、いわゆる「裏メニュー」ですから、どのバーガーのどの具を増やせるかなどは公表されていません。

増量できるものがわからない時は、「このバーガーの具を全部多めにしてください」と注文すれば良いようですね。

なお、「マクドナルドのバーガーの具を無料で増量する」具体的な注文方法は、下記の元店員の方のブログを参考にしました。ありがとうございます!

マクドナルド 無料でできる増量サービス!注文方法は?元店員が激白 | ジョイサポ

事前にメモして店員に見せるのがオススメ

ハンバーガーなどの具を無料で増やせるお得なマクドナルドの注文方法ですが、店員が慣れていないとトラブルが起きる可能性がありますね。

そこで、事前にインターネットでどのバーガーのどの具を増やせるか調べておき、メモに書いておいてマクドナルドで店員に渡すという方法がオススメです。

こちらの画像は、実際に私が書いてマクドナルド店員に手渡した注文方法のメモです(下手な字ですね……)。

マクドナルドの増量注文方法に使ったメモ

モバイルオーダーは非対応

なお、マクドナルドアプリで事前に注文して、その後で店舗に行って商品を受け取る「モバイルオーダー」というサービスがありますが、モバイルオーダーは具の増量に対応していないようです。

詳細は省きますが、メニューを選ぶ画面で具を増量する注文方法が見当たりませんでした。

マクドナルドの店舗に出向き、直接店員と話す注文方法でしか増量できません。

レシートはこんな感じ

私が実際に注文方法を試した際のレシートが以下のものです。

具を増量したマクドナルドのレシート

まずこの「マクドナルド学園前イズミヤ店」、独立店舗ではなくスーパーマーケットの店舗内店舗です(本題とはあまり関係ありませんが、ホットアップルパイは取り扱っていませんでした)。

マクドナルド学園前イズミヤ店

このような小規模な店舗でも、「ハンバーガーなどの具を無料で増量する注文方法」は行えました。

そして次に注目すべきは、「バリューセット」などセットメニューのバーガー類・ポテトに対しても増量する注文方法は有効であることですね。

今回は試していませんが、当然ながらマクドナルドのクーポンを使う注文方法でも具を増量可能です。

一目瞭然。マクドナルドの無料増量サービスでハンバーガーの重さが〇〇倍に!

では実際に「無料で増量する注文方法」を使ったマクドナルドのハンバーガーなどを見ていきましょう!!

マクドナルドのレシートと注文したメニュー

氷抜きドリンクと塩を増量したポテト

「真打ち」のハンバーガーの前に、氷を抜いたドリンクと塩を増量したポテトです。

マクドナルドのオレンジジュースとポテト

写真ではちょっとわかりにくいですが、ミニッツメイド(オレンジジュース)に氷が入っていません。

また、本来ならポテトに多く塩をふりかけてもらえるはずなのですが、なぜか袋に入れた塩を渡されました。

この塩、正確な量は計り忘れましたが、量が多すぎてポテトだけでは使いきれませんでした(たくさんもらえてありがたかったですが……)。

やはり無料増量は特殊な注文方法のため、マクドナルドの店舗や店員の技量によって対応が異なるようです。

無料の水とケチャップ

水とカップケチャップも無料でもらえました(フィレオフィッシュ等を注文した日とは別の日に撮影)。

カップ入りの水とカップケチャップ

本来100gのハンバーガーがなんと〇〇gに!

ではいよいよ、「増量前・増量後のハンバーガーの比較」を行っていきます!

なお、比較はフィレオフィッシュのバリューランチやえびフィレオを注文した日とは別の日に行いました。

シール付きとシールなしのハンバーガー

左が増量後、右が増量前のハンバーガーですが、増量する注文方法を行ったハンバーガーの包み紙にはシールが付いています。

増量用シールを拡大

シールを拡大しました。本来は増量した具をチェックするはずですが、マクドナルドの店舗によってはただシールを貼るだけのようです。

増量後と増量前のハンバーガーを

そして上の写真は2つのハンバーガーを分解したところですが、明らかに左側のほうが具が多いですね。

ただ、目の錯覚かもしれないので念の為に重さを計ってみましょう。すると……。

増量後のハンバーガー125g、増量前のハンバーガー100g

なんと、増量後のハンバーガーが125gに対し、増量前は100gでした(包み紙含む)!

単純計算すると、無料増量の注文方法を使っただけでハンバーガーの量が1.25倍になったことになります。

これは……特別な注文方法を使わなくても最初から増量しておいてくれればいいのにと思いますよ? マクドナルドさん。

それはともかく、今回は安くておいしいマクドナルドのハンバーガーの具を無料で増量してさらお得に楽しむ注文方法をご紹介しました!

タグ: マクドナルド 料理